Concept

業績に連動した本来の企業価値は、戦略的IRによって形成されます
エクイティ・ストーリーとIRマーケティング
戦略的IRをクライアントと共に実践します

戦略的IRの考え方

 資本市場において、時価総額は企業の価値を表します。企業価値の拡大、そして自社の企業価値に相応しい時価総額形成に向けて努力することは、企業経営にとって最も重要な経営課題であります。そして、業績に連動した本来あるべき時価総額形成は、『戦略的IR』によってもたらされます。

企業価値拡大へ向けた様々な経営・財務活動

 企業はその企業価値の拡大へ向けて、様々な戦略を練り、様々な経営活動を展開していきます。資金調達、新規事業の展開、事業アライアンス、子会社の設立、海外展開のスタート、M&A、TOB・・・等々。そして、新興市場へIPOした企業は、その成長過程で東証二部への上場、東証一部への上場を目指すでしょう。 そうした企業成長過程におけるあらゆる経営活動の側面で、IR活動により資本市場とのコミュニケーションを行うことが欠かせません。また、上場企業は四半期毎にその業績と、業績予想を発表していくことになります。業績発表を含む様々なIR活動の場を通してトップのビジョン、企業の経営戦略や成長性に対する的確な理解を市場から得ることが、適切な時価総額形成をもたらします。そして積極的なマーケティング活動により高い流動性が維持され、適切な株価における最適な資金調達を可能にするのです。

戦略的IRの実践

 上場企業にとって、IRとは単なる情報開示だけではありません。企業価値拡大に向けて、トップマネジメントが進めているビジネス戦略・成長戦略を、株主及び国内外投資家にフェアーに伝えること(フェアーディスクージャー)、また可能な限り詳細に説明すること(エンゲージメント)により、業績に即した、或いはそれ以上の株主価値を形成する経営戦略の一環であります。
企業の将来価値を投資家が想定できる中期経営計画、将来ビジョン、リスク、ESG対応等を簡潔明瞭に織り込んだエクイティ・ストーリーと、多くの投資家に積極的にエンゲージメントを進めるIRマーティング、この2つが戦略的実践IRの両輪です。

 当社は1998年の創業から20年以上にわたり、500社以上の上場企業IRをご支援してまいりました。IPO企業から中堅・大手企業まで、企業の状況・ニーズに沿ったIRコンサルティング、IRマーケティングを実践し、企業価値また株主価値の拡大へ向けて、IRの側面から企業競争力をバックアップしています。
 近年、日本の株式市場に多大な影響を及ぼす外国人投資家は、年々その比重を高め、大型株だけでなく中小型株においても、その影響力を強めています。当社が運営する日・英IR情報配信サイト「IR STREET」は、IRに注力するクライアント企業のIR情報が英語でも掲載・配信されることから、外国人投資家にとって、日本企業へのゲートウェイとなっています。国内の機関投資家、個人投資家へのIR情報配信のみならず、日本株運用の外国人投資家への英文IR情報プッシュ配信機能により、幅広い投資家へのフェアディスクロージャーを実現しています。株式の流動性向上に向けては、如何に多くの投資家がその企業を認知し、エクイティ・ストーリーにより企業の成長性を理解・期待し、株式売買に参加するか、これが重要なポイントです。IR STREETは、流動性向上と企業価値向上の2つの機能を併せ持つIRメディアです。
 IR STREETによる発信に加え、実際の投資家とのエンゲージメント促進については、機関投資家とのワンオンワンミーティング、スモールミーティング、決算説明会といった、様々なミーティング形式によって実践してまいります。
 戦略的IRのコアとなるエクイティ・ストーリーの策定、そして実際に投資家を開拓・エンゲージメントしていくIRマーケティングの実践まで、一気通貫のコンサルティングにより、日本企業の株主価値拡大を支援してまいります。

FinanTec's Mission

 フィナンテックは、IR=インベスターリレーションズ(投資家向け広報活動)という、企業と投資家の信頼関係を構築するコミュニケーション活動の促進を通じ、多くの成長企業の資金調達・企業価値拡大をサポートし、株式市場の活性化と日本企業の競争力向上に貢献する企業でありたいと考えています。
 企業成長と、企業に投資する年金資金を始めとする多くの投資家の投資資金の拡大は、持続的・継続的な社会を構築し維持発展させる、大きな原動力であります。上場企業、即ちパブリックカンパニーは、優れたリーダーシップの下で継続的な成長を実現することにより、株主をはじめあらゆるステイクホルダーに利益をもたらします。一方で、投資家も、社会にイノベーションを与え、社会問題を解決し利益成長を目指せる企業へ投資することで、社会貢献を実現します。日本国内には、世界に誇れる優れた企業がたくさんあります。しかし、株式価値が本来の価値に至っていない企業が多く存在するのも、また事実です。企業業績を成長させることと、その業績に見合った株式価値を維持することは、企業経営者の大きな戦略であり責務であります。同時に、最大の企業防衛策でもあります。
中国・アジアをはじめ、世界の成長市場はまさにアジアにありますが、日本企業にとっては、競争相手となる企業も多く出てきます。その中で、本来の自社の価値に見合った時価総額を形成し、事業拡大に向けた積極的な投資促進による持続的な企業成長の実現。このスパイラルを、是非とも日本企業に目指してもらいたいと思います。
 我々が創業以来、多くの上場企業のIR活動支援を通じて培ってきたノウハウ、そして投資家ネットワークを、企業価値拡大を目指す企業経営に、是非ともご活用頂きたいと願っています。機関投資家、個人投資家、外国人投資家へのIR促進により、日本企業の企業価値適正化、そして競争力向上を支援すること、これが当社の使命であると考えています。

代表取締役 甲斐 昌樹

Businessmen pointing to arrows and business growth graphs on a modern virtual interface on global network, Banking, Stock market and currency exchange.